【the Crown】感想・触らぬ王冠にたたり無し - あせらずゆっくり英語読書

あせらずゆっくり英語読書 ホーム » スポンサー広告 » レベル1 » 【the Crown】感想・触らぬ王冠にたたり無し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【the Crown】感想・触らぬ王冠にたたり無し

Penguin Readers Level 1: the Crown
著者:M.R. James
YL:1.2  総語数:約4,000
旅行に訪れた主人公の部屋に「どうか、私の話を信じてください」と見知らぬ青年がやってくる。
彼の口から語れるのはその土地に眠る王冠のミステリー。この王冠を巡るホラー物語です。

The Missing Coins (PENG) 序盤からおどろおどろしい雰囲気で始まります。
どの国にも、その土地にまつわる逸話や伝説が残っているものです。
(私の住んでいるところにも神話があり、かなり前に「日本むかし話」で放送されたそうです。)
その伝説に興味を抱いた青年Paxtonは、町の人の忠告をよそに伝説について調べ始めます。

眠る前にベットの中で読むと恐怖倍増で、ホラー系は苦手なので挙動不審になりながら読みました。
欲深い人間にバチが当たるのは万国共通のようです。
まさに、触らぬ王冠にたたり無し。
挿絵はキャンバスに書かれた油絵のような質感でストーリーにぴったり。


■覚えておきたい単語
spade / スコップ 踏みすき(農具)
gravestone / 墓石

▼今まで読んだリーダーズの一覧です。
・今まで読んだリーダーズ
スポンサーサイト


FC2 Blog Ranking
みんなの英語奮闘記
にほんブログ村 英会話ブログ
語学・英会話ブログランキング
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://itiyouenglish.blog38.fc2.com/tb.php/76-1f703069

ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。