【Owl at Home】感想・またひとつの答え - あせらずゆっくり英語読書

あせらずゆっくり英語読書 ホーム » スポンサー広告 » レベル1 » 【Owl at Home】感想・またひとつの答え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Owl at Home】感想・またひとつの答え

Owl at Home (Harper Trophy I Can Read Book) Owl at Home
著者:Arnold Lobel
YL:1.4  総語数:約1,500
変わりのもと言うか天然!?なフクロウのお話しです。
ドアを開けて冬を招き入れたり、布団の膨らみに怯えたり、友達になったら疲れそうなフクロウさんです。

Owl at Home (Harper Trophy I Can Read Book) オムニバスで5話のお話しがあります。
子供の頃、不思議に思ったことを集めたようなお話しになっています。

風はなぜドアを叩くの?
どうして布団の中で足を動かすと膨らみも動くの?
椅子の足が折れてかわいそう。
階段はどうなってるの?
月はどうして追いかけてくるの?

どれも正解はではないけれど、フクロウさんが導き出した答えもまたひとつの答えです。
とっても純粋なフクロウさんが少し心配です。
それにしても涙のお茶っておいしいのかな。

■覚えておきたい単語
fireplace / 暖炉
bump / こぶ
seashore / 海辺

▼今まで読んだ絵本の一覧です。
・今まで読んだ絵本

スポンサーサイト


FC2 Blog Ranking
みんなの英語奮闘記
にほんブログ村 英会話ブログ
語学・英会話ブログランキング
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://itiyouenglish.blog38.fc2.com/tb.php/98-c1e3eb4c

ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。